確定申告は必要ですか?

副業による所得が20万円を超える場合は、確定申告を行う必要があります。

副業としてkakutokuからの所得(=収入から経費を差し引いた金額)が20万円を超える場合は、確定申告を行う必要があります。

20万円以下でも年末調整をされていない場合や、医療費控除、寄附金控除、住宅ローン控除などを受ける場合には確定申告を行う必要がありますので、ご注意ください。

※ただし、kakutoku以外に副業を行っている場合はこの限りではありません。

確定申告とは】 1年間の所得に応じて税金の過不足を精算することを言います。また、税務上の決まりにより、複数からの収入がある場合、原則として確定申告を行う必要があります。 そのため、収入を得る際に源泉徴収を行わず全額を受け取っていた場合、確定申告時に多額の納税を行う必要がある場合があります。
源泉徴収とは】 給与や報酬などの支払いに関わる税金(所得税)を支払者が差し引いて支払い、差し引いた税金を支払者が国に納付する制度のことです。

※ただし、kakutokuの場合、事前に企業からの報酬支払時に源泉徴収が行われる仕組みをとっているため、不足分を支払う必要がなく、確定申告を行うことで、逆に過払い分が還付される場合があります。